*

夏休みも終盤となり、日曜日には集落の中心を流れる静原川で子供たちのための魚つかみ大会がありました。

川の一部をせき止めて、そこへイワナとアマゴと金魚を放し、子供と親たちがジャブジャブと川に浸かりながら魚を追い回します。金魚は動きも遅くてよく目立つので、小さな子供たち向け。イワナとアマゴは、色も川底と似ていて目を凝らさないと見つけられない。加えて動きがめちゃめちゃ敏捷で、小学生はもちろん大人も本気になって追い回しますが、なかなか捕まえられない。

二時間くらいがんばって、また魚取り上手な子にもらったりして、なんとか家族で食べられる数のアマゴを確保。家に帰って炭火で焼いて食べました。

その夜は静原神社で小さな夜店が何軒かでて、子供たちはフランクフルトだとか焼きそばだとか、屋台の味を堪能しました。