03.morita

 

建築することの意味を突き詰めていくと、

我々が生きることの意味を考えざるを得なくなります。

 

人は何のために生きるのか?

生物として考えれば、子孫を残すために生きる、と言うことも出来ます。

しかし、人間が地球上で生き延びるために必要な「建築」という行為は、

少なからず地球の資源を消費して、環境を変えざるを得ません。

それは積もり積もって、人類の存在を危うくすることにもつながっています。

 

人間が生存することと、建築することの間にある、根本的な矛盾。

この矛盾を背負いつつ、それでも建築をつくること、にどんな意味があるのか?

なかなか答えの出ない難しい問いですが、数千年前に滅んだ文明の遺跡などを見ると、

我々は人類が地球上に存在した痕跡を残すために、

建築を創っているのではないか、などと考えたりもします。

No Responses to “いきること”

Comments are closed.