先日京都市内で発見したコラージュ土蔵No.2。上半分はオーソドックスなしっくい塗りの土蔵のデザイン、正面と側面の一部は母屋から続く数寄屋風の塀のデザインを踏襲。聚楽壁の間に挟まれて観音扉が収まっているあたりが凝っています。最後に側面足下のコンクリートブロックと解体された隣家の「ダンメン」状のトタンが親しみやすさを演出。
まさに京都らしいエッセンスの凝縮された「コラージュ土蔵」、いいデザインです。