荒壁をつける@法然院の家

P1010162

法然院の家の現場は、新しい窓枠が入り、壁の部分の竹小舞下地を編んで荒壁塗りが始まった。
スカスカの骨組みが、わずか数時間の作業で一気に「空間」になる瞬間。

 

No Responses to “荒壁をつける@法然院の家”

Comments are closed.