修学院離宮に近い古民家を改修した住宅。天井が張られ薄暗かった台所の空間に既存の吹き抜けを再生し、天窓や大きなガラス窓を設けて明るさを確保しつつ、床暖房や薪ストーブで冬も暖かい生活が営めるよう、断熱や設備の計画を行った。

状態良く残っていた既存の和室や二階の屋根裏部屋をかつての雰囲気をそのまま残しながら改修し、新しく設けたキッチン設備や収納などにもできる限り古い建具を再利用して既存と改築部分が違和感なく同居できるように配慮している。


修学院の家 House in Shugaku-in


設計

森田一弥建築設計事務所

担当/森田一弥 小寺磨理子


施工

 エクセル住宅建設  担当/藤居武司 岸本周治 山内裕二郎

 大工 熊谷工務店 担当/熊谷良生 柴田雅嗣

 左官 中井左官工業 担当/中井稔二

 解体 甍建設 担当/大橋幹生

 塗装 岩本建装 担当/山口隼人

 板金 日下部ルーフテクト 担当/日下部智晃

 建具 足立建具店 担当/足立孝之

 畳 渡辺畳店 担当/渡辺靖英

 鉄骨 庄司鉄工所 担当/庄司寿男

 サッシ・ガラス 三永工業 担当/水谷信治

 材木 近治材木店 担当/神田一美

 電気 堀部電工

 水道 アクアライフ 担当/ 田村正茂

 ガス キョウプロ 担当/中村康夫 古川茂昭

 土壁 宮部左官 担当/宮部友之


写真/表恒匡