SSS(SAKAN Shell Structure)PROJECT の打ち合わせを山本直彦氏、小澤雄樹氏、柳沢究氏、小沢研の石塚君と事務所にて。超薄型コンクリートシェルの構造的性能については実験でいろいろ明らかになってきたので、今後は仮設住宅として住み方の提案と開口部のデザインを集中的に行うことになる。また、今年の秋に向けて実物大のシェルの建設の準備も進めていく予定。
写真はとりあえず現時点での成果をまとめるために作成した模型。打ち合わせ後、定食屋「大銀」にて小澤さんから日本の著名な構造事務所の仕事の進め方の違いだとか、協働した建築家の事務所の特色だとか、色々伺うことができた。構造事務所に勤めていた人の話は、一つのアトリエ事務所にいた人よりいろんな事務所の仕事の進め方を比較しながら語ることができるから、参考になる話が多い。