*


朝の十時、旧市街の広場のカフェにてコーヒーを一服。広場を出てすぐのランブラス通りはすでに行き交う観光客でにぎわいはじめていたが、広場はまだ一日のはじまりを迎えるべく活動の準備をはじめたばかりで、カフェも一応は営業をはじめていたものの、昨夜の宴の残りものを片付けるゴミ回収車が騒がしく出入りしている。店の給仕はというと、ぽつりぽつりと現れる観光客相手にこんな時間帯に来るのは迷惑だといわんばかりに、気の乗らない顔をして店と広場を行き来しており、また暇になると広場に向かってぼんやりとタバコをふかしている。

どこの街であるかに限らず何かの拍子に、周囲の時間の流れから取り残されたような、時空のエアポケットとも呼ぶことの出来そうな、不思議な場にひょっこり遭遇してしまうことがある。そうした場は、河の流れの中にうまれる水の澱みのようなものなのかもしれないが、常に同じ時間に同じ場所に訪れるわけではないし、自分のそのときの心の状態と、場所の状態がうまく重なりあった時にだけ見つけられるもののようだ。

そこからは周りの景色がなんだか別の世界の出来事のように新鮮に見えて、普段は気にとめないような街の佇まいや人々の仕草など、思いもかけない発見がある。しばしの時間をそこで楽しむことができた日というのは、何となく豊かな時間を過ごしたような、素敵な拾い物をしたような気分で過ごすことができる。

今日の早起きはスペイン語学校の夏期講習の初めての登校日のためだったのだが、初日はクラス分けのための語学能力テストのみで明日からは午前9時から午後1時までみっちりスペイン語の授業を受けることになっている。公立の、最も授業料が安い学校ということもあり、生徒は年齢も人種も社会的な立場もまったく異なる人たちの集まりで、見知らぬもの同士が集まった教室にはちょっとした緊張感が漂っていた。

定年を迎えたくらいの年齢のゲルマン系の男性、ロシア系と思わしき若くて美しい20歳くらいの女性、なぜか顔全体にひどい傷跡を持つインド系のおばさん、20代の若い中国人の男女、学生でもなく主婦でもない微妙な年齢のアメリカ人女性。それぞれがここにたどり着いたその来歴を聞くだけで、一日が終わってしまいそうな、いわくありげな顔ぶれ。偶然隣り合ったらしいアメリカ人(らしき)若い女性と壮年の男性の会話する声だけが、ひっそりとした教室に響いていた。

都市は出会いのチャンスに満ちた場所だ。しかしここに集まった顔ぶれは、お互いの顔に刻まれたおのおののこれまでの人生の隔たりを見ても、嬉々としてその出会いを祝福できるような人たちではないのも確かだった。20代のアジアの旅での出会いは、今思えばみな国籍は違えど同じことに興味を持ち同じような旅をしていた人たちとの出会いだった。たまに現地の人たちと杯を交わしたり列車の旅をともにすることもあったが、やはりそれは旅人同士のそれとは違うものだった。

我々の部屋には初心者ばかりが集められていたらしく、今日のテストは教官の読み上げるスペイン語の単語と単文を書き留めて、知っているスペイン語の単語を2分間で書き出すだけで終わった。明日朝クラス発表があり、その仲間で4週間の講習を受けることになっている。ここでの出会いは出会いと呼ぶほどのことではないのかもしれないが、それでもある期間同じ場所に通ことはまぎれも無い事実で、その時どんな素顔を垣間みることができるのか、何も交わること無く終わるのか、想像がつかない。

さて、そろそろこの場所も周りに会わせて時間が流れ出したようだ。給仕のオヤジもさっきとは見違えるようにテキパキと動き始めている。
(レイアール広場のカフェにて)