*

8月に入って、スペインに限らずヨーロッパ全土がバケーションシーズンに突入。その多くが地中海沿岸のビーチをめざす、とあってバルセロナ市内はエライことになっている。
局所的に人が多い割には、大学は勿論、いろんな店や施設がバケーション休みで閉まってしまい、行動する意欲を大いに削がれる。国内便のチケットも全て売り切れ。日本は休みたくても休めない社会だが、こちらは働きたくても働けない社会といった感じ。頼み事をしても、問い合わせをしても、また9月になってからきてね、という返事ばかり。いっそ開き直ってバカンスを満喫したいところだが、何か変な罪悪感があるんですよねえ。そこが悲しい日本人の性。

子供の学校は6月半ばから夏休みなので、9月半ばの新学期までようやく夏休みの折り返し地点。今日は旧市街の市場にてフルーツジュースを飲んでご満悦ですが、どの家庭の親もこの3ヶ月の夏休みをいかに退屈させずに乗り切るか、頭を悩ませるそうな。そりゃそうだ、いくら何でも長過ぎる。日本の学校みたいに登校日やプールの日なんてあるわけないし。