*

いままであまり見るべき現代建築に恵まれなかったマドリードも、昨今の建築ラッシュのおかげで、ずいぶんと面白い建物が増えている。

あと数年もすればマドリードだけでなくスペイン各地の都市は21世紀初頭の現代建築の宝庫になるはず。

二年前に完成したマドリードの空の玄関口、バラハス空港aeropuerto barajasはリチャード・ロジャース設計。
波打つ屋根のリズムが気持ちのいい空間。

屋根の内装材には小幅板の透かし張りで、周囲のハイテックなインテリアにもかかわらず、温かみのある雰囲気を演出している。木ってやっぱりいいよなあと思ってしまうのは、世界共通の感覚なんだろうか。

直径1mくらいのパラボラ状の照明。

プラド美術館の真向かいに先日オープンしたばかりの美術館カイシャ・フォーラムcaixa forumはヘルツォーク&ド・ムーロン設計。

既存のレンガ造の建物と上のコールテン鋼で覆われた増築部分の調和と、そのボリュームが一枚の鉄板の上に載って浮いている(ように見える)ファサード表現はインパクトがある。隣の緑化された壁面とあわせて、写真を見てもレンダリングされた画像みたいに見える。

スチールプレートの上のレンガの躯体。

こちらもプラド美術館から徒歩五分のレイナ・ソフィア美術館の増築部分、ジャン・ヌーベル設計。

マドリードの陸の玄関口であるアトーチャ駅は、スペインの大御所ラファエル・モネオ設計。少し歪んだ四角形の屋根が連続するプラットホーム屋根。同じ建築要素を連続させるラファエル・モネオらしい作品。彼の作品はその繰り返しが退屈なだけに終わってしまっている作品も多いが,この駅は成功していると思う。

プラットフォーム横の駐車場。こちらはドーム屋根が連続する空間。

古い駅舎部分は待ち合い空間となっていて、中央に南国の植物をわんさか茂らせている。

その他、マドリードの若手建築家で今一番勢いのあるマンシーリャ+チュノンの最初期の作品のプールも見に行く。モネオの事務所出身の彼らの作品は、さらに小さな要素の繰り返しが特色のひとつ。

プールの内観。

こちらは同じくマンシーリャ+チュノンの古い工場をリノベーションした地域図書館。既存建物のレンガに対し、増築部はプロフィリットガラスとスチールのスリットのファサード。

図書館エントランスホール。

その他にも、マドリードには古いものでいえばエドアルド・トロハの競馬場とか(予約をするか競馬のある日しか入れないので注意)、最近ではMVRDVの集合住宅とか、スペインの若手建築家のものも含めるとかなりの数とレベルの現代建築があり、いままではマドリードを素通りしていた建築目当ての旅行者も数日滞在するようになるはず。

マドリードにも春が来ています。こちらの春の花といえばアーモンドの花。

野生の木は古い実が枝についたまま新しい花を咲かせている。