*


ポーラ財団で同時期に海外研修してベルリンで東ドイツの大衆車「トラバント」を回した、久保田弘成さんが、今度はアイルランドのコークの自動車工場跡でフォードのトランジットというデカい車を回しています。圧巻です。
「車を回す」とだけいうと、意味不明(失礼!)な行為(恐ろしく大変だけど)なんだけど、場所と車と音楽が出会うことでこれだけいろんな意味を含む表現になる、ってのが驚き。
制作の様子を記す彼の日記もすごく面白い。彼は大物になるね。トランジットは日本でも回すことになったらしい。