梅の花@静原

事務所の横にある梅の花がようやく咲いた。先週はポカポカ陽気で、外にテーブルを出してランチを食べたりしたけど、今週はどうも雨模様ばかり。
先々週の奈良、伊勢への遠足以来、あまり外出もしていない。プロジェクトが着工するまでは、どうも静原の事務所に引きこもりがちだが、自宅/事務所からほとんど外出しない日が週に何日もあるというのはさすがにまずい。こうなってくると、インターネットで色んな用事が済んでしまうというのも、考えもの。今はオープンデスクの学生さんもいて、事務所はなかなかの賑わいなのだが。
そういえば先週は京都の卒計展に審査員で来ていた塚本さん、藤村さんと木屋町で飲んだ。近年は卒業設計で名前を売って建築家としてデビューするという先例のようなものがあるからか、学生は審査の結果に異常に執着している、ように思う。良いことか悪いことかはよくわからないが、こうしてプレゼンテーションの技術や戦略が洗練されていくのだろうなあ。ただ、卒業設計の最終目標となっている「せんだい」が「建築」をもって他人との優劣を競う場になってしまっているのは、どうなんだろうか。講評は絶対必要だが、別に順位なんか付けんでもエエやんか、と思うのだが。
事務所では、国内の住宅のプロジェクトと平行して、海外の、しかもアフリカの住宅のコンペをやっていたりする。もちろん、カタランボールト工法を使って。建築家が手がけたアフリカにおける建築事例を色々とリサーチしていると、メディアではあまり知られていない興味深い建築がゴロゴロしている。面白い。
来週は大阪でリノベシンポなるものに声かけて頂いていたり、その次週は高知に行ったりと、ぼちぼちと外出の予定も。できれば万博の開幕前に上海にも行って万博のスペイン館もVIP待遇で見たいなと思っているのだが、EMBT事務所がオッケーしてくれるかどうか。
そんなこのごろ。

No Responses to “梅の花@静原”

This post has no comments yet.

Leave a Reply