ほぼ竣工@八瀬の住宅

*

京都八瀬の住宅が完成間近です。八瀬は風致地区に指定されているため屋根は3寸5分から4寸5分勾配、灰色の瓦葺き、などかなり厳格な規制がある。

ここでは指定されたデザインコードに忠実に従いながら、敷地の東西に見える八瀬の山並みを生活の色々な場面において視界に取り入れ、季節の移り変わりとともに変化する山々を眺めながら生活ができるような、そんな家になってます。
施工は数寄屋専門の工務店である渡邊工務店。普段は祇園のお茶屋さんや茶室などが主な仕事で、あまり住宅を手がけない工務店ですが、彼らのもつ繊細な技術を生かしながら、それほど高価でない素材を用いて、現代的な生活の場である住宅をリーズナブルなコストで実現できたと思います。
 *

*

*

*

*

*

*

*

あとは収納扉などの取り付けと外溝工事を仕上げて完成、薪ストーブに火が入るのが楽しみです。

One Response to “ほぼ竣工@八瀬の住宅”

  1. LUCIA より:

    Hello!! I saw your house on Tiny House Blog, and it´s really simple and beautifull. I hope to construct one near the sea and really house like very much.
    I´m writing from Argentine!!

    Best regards!

Leave a Reply