津島の家/Pentagonal-house

img__001

img__020

img__015

img__037

img__045

img__048

img__039

 

img__051

img__053

img__055

img__056

img__057

img__061

img__065

img__066

img__041

 


「Pentagonal-house」

aichi pref. tsushima city : 2008-2010

解説/

愛知県津島市に建つ五角形の形をした住宅です。

同じ敷地内にはクライアントの親家族が住む入母屋造の住宅があり、
建物の建設可能な敷地が限られていたので、通常の長方形の間取りで家を建てると、
周囲に無駄な空地がたくさんできてしまうように思えました。

そこで、生活に必要な室面積を確保し、周囲にもバランスよく屋外空間を配置でるように、
変形五角形の平面の住宅にすることを最初に決めました。

地域の工務店にとって使い慣れた素材と工法を採用できるよう、
また完成後の建物がこの地域の気候や敷地周辺の景観に馴染むように、
寄棟型の屋根を採用しました。

家の内部は、室内から外部の庭との連続感を最大限に感じられるように、
五角形の頂点から中心に向かう放射状の壁を配置しました。
すべての方向を見渡せる中央の空間には、五角形のダイニングテーブルを配置しまた。
ここは天井が高く開放感のある空間となり、母屋の家族も集まって賑やかな食事を楽しむことができます。

周囲の5つの空間には、外部の庭やアプローチの位置に応じてキッチンや畳やソファやベッドを置いています。
ここでは庭に向けて低く伸び広がる天井の下、くつろいで過ごすことができます。

放射状に広がる五つの壁は、空間を「仕切っている」のだけど室内にいる人にとっては
「包まれている」ように感じられるよう、角を丸く縁取った柔らかい表情の白漆喰で塗り込めました。

建築概要

所在地 愛知県津島市

概要 木造平屋建住宅

敷地面積 692.63平米

建物面積 87.73平米

設計 森田一弥建築設計事務所

構造 満田衞資構造計画事務所

施工

建築 波多野工務店

左官工事 久住左官

写真 大竹央祐

DETA

Location : Tsushima city, Aichi pref. JAPAN

Program : private housing

Structure : wood

Site area : 692.63 sq.

Built area : 87.73sq.

Design : Kazuya Morita Architecture Studio

Structure engineer : Mitsuda Structural Consultants

Construction : HATANOKOUMUTEN Co,. Ltd.

Photo : Yosuke Otake

No Responses to “津島の家/Pentagonal-house”

Comments are closed.