災害復興の国際会議@フィリピン

*
フィリピン・セブ島のサンカルロス大学で行われた、日本とフィリピンの災害復興のための国際会議に参加してきました。

プレゼンテーションの内容もどれも興味深く聞き入ってきましたが、会場になったサンカルロス大学の建築学部の校舎が素晴らしかったので、その写真をたくさん。

ほとんどの教室はエアコンのないオープンエアーな教室で、周囲の樹林から涼しい風が吹き抜ける、省エネ建築。

スロープや階段、吹き抜けなどの配置も絶妙で、学生たちの集まる場所がたくさんあって、歩いているだけで楽しい空間。

 

P1070824

カンファレンスの会場

P1070745

サンカルロス大学のエントランス

P1070803

スロープがフロアをつなぐ

P1070805

廊下と一体化した教室

P1070806

空気の通り抜けるルーバー窓

P1070807

ルーバーは開閉が調節可能

P1070810

廊下の上の深い庇

P1070811

緑に向かって突き出すような階段

P1070816

吹き抜けと廊下

P1070819

そのまま続く景色

P1070820

人研ぎでつくられたコルビュジエのモデュロ−ルの図像

P1070821

建築の教科書のような校舎でした

 

No Responses to “災害復興の国際会議@フィリピン”

This post has no comments yet.

Leave a Reply