被災教会の視察@フィリピン

*
昨年の地震で崩壊したフィリピン・ボホール島のスペイン植民地時代のカトリック教会の被害状況の視察に同行してきました。

二度目の訪問の箇所もありましたが、今回は組石造の専門家など、色々な立場の方々が居て、本当に勉強になりました。

手つかずの場所もありますが、本当に少しづつではありますが、現場の石の保存など作業が進みつつありました。

P1070759

跡形もなく崩れ落ちた教会

P1070756

仮設の教会

P1070801

放課後の神父さんのお話を待つ小学生たち

P1070800

まだ手のつけられていない崩壊現場

P1070797

現場の片付け作業の一輪車

P1070796

崩れた壁と残った窓

P1070790

崩れ落ちた屋根

P1070786

崩れ落ちたファサード

P1070784

崩れ落ちたファサード

P1070782

昼食のクルーズ船から

P1070781

気持のよい川面

P1070780

教会付属小学校の仮設校舎

P1070771

崩れ落ちた壁

P1070768

空っぽの教会

P1070767

 

セメントブロック製造器

P1070766

セメントブロックをつくる職人たち

 

No Responses to “被災教会の視察@フィリピン”

This post has no comments yet.

Leave a Reply