A 資料館


京都市左京区に建設中の資料館。

9センチ角の小径木のみを使いながら、重ね梁工法によるダイナミックな架構が特徴。

また、屋根面で集熱した暖気(冬季)と、地下水によって冷却した冷気(夏季)を、

基礎コンクリートに蓄熱することで室内の温度環境を安定させている。


設計 森田一弥建築設計事務所

構造設計 満田衛資構造計画事務所

施工 昭和工務店