A 資料館


京都市左京区に建設中の、公益財団法人のための資料館の計画。

通常は山林で間伐されても製材されない小径木から挽いた9センチ角のヒノキ材を用いて、最大スパン5.4mの木造二階建ての架構を構成している。材の断面欠損を避けるため、木材どうしの接合にはあえてホゾ加工を行わず、構造用長尺ビスのみを用いて固定している。

冬季は屋根面で集熱した暖気を、夏季は地下水によって冷却された冷気を室内に循環させ、熱容量の大きい基礎コンクリートや土壁に蓄熱させることで室内の温度環境を安定させ、空調によるエネルギー消費を最低限に抑えることができる。


設計 森田一弥建築設計事務所

構造設計 満田衛資構造計画事務所

施工 昭和工務店

大工工事 宮内建設