_DSC7225-

_DSC7582

_DSC7681-

_OMP7954-

_DSC7450

_OMP7975

_DSC8255

_DSC8230-

_DSC7393-

_DSC8463

_DSC8403-

_DSC7370-

_DSC7304

_DSC7240-

_DSC8420#

_DSC7335-

_DSC7526


京都市の銀閣寺への参道に近い、哲学の道に面した敷地に建つ住宅。周辺は塀や生垣に囲まれた住宅が並ぶ閑静な住宅地の一角にあたる。

「塀に囲まれた邸宅」という周辺地域に共有された配置を踏襲し、敷地の中央に長方形のボリュームを配置し、周囲に残った細長いスペースを庭として楽しめるような計画とした。

一階部分はできる限り明るく開放的な空間となるよう、コンクリートのコアとスチールのスレンダーな柱で支えられた構造として、障子を開ければどの方角にでも住宅を取り囲んだ庭を楽しめるようにしている。

開放的な一階から一転して、二階部分はごく限られた窓を持つ木造の空間である。階段を上った先にあるサンルームでは南側の哲学の道に対する眺望を確保しつつ、寝室では近隣の住宅から室内のプライバシーを守っている。


設計 森田一弥建築設計事務所 担当/森田一弥 本嶋正太

構造 満田衛資構造計画 担当/満田衛資 海野敬亮


施工

建築 上原工務店 

左官 左官匠宮部  

造園 久住左官造園工事


写真/表恒匡