コンセプト模型 / Concept Model

京都市左京区大原に建つ住宅。

四方に開けた敷地の良さを生かすため、二階にキッチンなどの主な生活スペースを配置し、周囲の景色を楽しめる水平連続窓を設けた。一階部分には広い土間と畳敷きの寝室、浴室などを設け、四方に伸びた庇の軒下空間は、畑仕事や薪割りなど屋外の活動をサポートしている。

市街化調整区域かつ風致地区条例など様々な規制を受け止めつつ、現代の大原の民家のプロトタイプともなりえるような、シンプルで汎用性に富んだ住宅形式を提示しようと試みている。


設計:森田一弥建築設計事務所(森田一弥、小寺磨理子)
構造:柳室純構造設計
施工:コラボ建築株式会社

写真:表恒匡