左官仕事3@スペイン

*

先日紹介したスペインの左官仕事エスグラフィアドesgrafiadoの写真がたくさん集まったので、その一部を紹介。

これは、外壁全体がエスグラフィアド、という建物。大変そう。これを仕上げるときは、塗り付けと、欠き取りの作業は一気にやらないと駄目だろうなあ。


清潔感のあるデザインの、玄関部分で見かけたエスグラフィアド。たいていはペンキで塗られて元の質感は分からないことがほとんどなのだが、ここは珍しく一部が無塗装で残っていた。だけど、色違いの材料をどうやって塗り分けたのだろう?


こちらはなかなか凝ったデザインの玄関部分でのエスグラフィアド。ピントーラpinturaと呼ばれる塗装職人のなかでも腕のいい人は、バチカンのサン・ピエトロ寺院の内装でも見られるように、左官壁の上に本物そっくりに大理石の模様を描く。ここは腰壁部分が大理石なので、それに合わせて塗装で大理石模様が描いてある。

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

1 コメント

  1. 森田さん、ブログに書き込み有難うございます。スペインに滞在中ですか。タデラクト、面白いですね。今月、床を40m2ほど磨いてみる予定です。出来たらブログに載せるので見て感想をください。ズグラフィートに似ていますが違いは有りますか。それとも私の勉強不足で覚えた名前の間違いですか。又教えてください。

コメントを残す