*

近所の野菜屋さんの店先に並ぶフルーツが、夏が近づくにつれて豊かになってきました。冬はオレンジ系がメインだったのですが、それと入れ替わるように夏の果物が店先を占領し始めます。

まずは目につくのはスイカやメロン。瑞々しくて甘みが強くて美味しいのです。

僕の大好物のモモも種類が多くて色々と迷ってしまうほど。スペインは気候が乾燥していて、果物を食い散らかす害虫も少ないので、あまり手間をかけなくてもフルーツが豊かに実るのだと思います。だから値段も安い。

つぶれたように変形した個性的なモモはパラグアイヨという名前(「パラグアイの」、という意味)。日本のモモに似た味で、結構美味しい。

サクランボも、ここ最近は店先の人気者。みんな袋一杯に買っていきます。

強い日差しの中、街を歩き回っている途中で店先のフルーツを一つか二つ買って、日陰のベンチで噛りつく、というのがここ最近のお気に入りで一番お金のかからない空腹の満たし方です。