_OMP1630


ばんてら/Bamboo shop Bamtera


京都の竹細工の老舗によるプロダクトショップのインテリア空間である。長らく京都の寺町通に面する町家で営業を行ってきたが、賃貸契約の終了にともなって錦通りに近いビルの一階に移転することになった。

以前、祇園に設計した同社の店舗「(たかむら)」では5ミリの細さに割った国産の真竹と孟宗竹による繊細な格子で空間全体を覆い、茶道具などの高級な商品と調和するデザインを試みたが、この店舗では観光客の多い立地と、多種多様な商品が置かれることを考慮して、気楽に立ち寄りやすい外観としつつ、商品が整理しやすく清潔感のある内装とするために、21ミリのヒノキの角材を組み合わせた立体格子のみで店舗空間全体を構成した。

空間がリズミカルに分節されることで、以前の町家では雑多に見えた商品が、視覚的にも秩序立ててレイアウトしやすくなり、照明器具や収納などもその隙間に収まるように配慮することで、空間に格子が浮いているように感じられるディテールを工夫している。

ヒノキ(有機物)の立体格子の上に載せるカウンターや棚の天板には、あえて硬くて比重の大きい黒皮鉄板と透明ガラス(無機物)を使っている。その結果、格子の「軽さ」やガラスや鉄の「重さ」、竹(有機物)のもつ「軽さ」の対比が、五感を通して感じられることを意図している。


所在地 京都市中京区御幸町通錦小路上る舟屋町373-3(リンク

営業時間 11:30~18:30 定休日なし


設計 森田一弥建築設計事務所
(森田一弥、木村俊介、住田薫、Hans Henrik  Fricke)

施工 エクセル住宅建設 (岸本周治)

木工 熊谷工務店

什器 高野竹工

写真/表恒匡