海岸沿いのレストラン@バルセロネータ

*

ここ一週間でバルセロナはぐんぐん気温が上がって、一気に夏になりました。先週までは革のジャケットやコートも目についた人々の装いも、完全に夏モード。せっかくなので妻と海沿いまででかけて昼食をしてきました。その名もkaiku、ビーチが目と鼻の先にある地元の人に人気のレストラン。

なんてことない店内ですが、外の眺めがこれ。

さすがに日向は暑いので、外に面した店内に席を確保。

一皿目、夏野菜の冷スープ、ガスパッチョ。

妻のほうはアボガドソースのサラダ。

妻は地元の習慣にならって、昼間からワイン。僕はカタルニアの炭酸水、ビッキーカタラン。

二皿目はローストポークとアフリカ料理のクスクスを練ってフライにしたもの。

妻のほうはカマス?の塩焼きと野菜のソテー。

デザートは色々ある中から選んで、ガトーショコラ。スペインには珍しく甘さ控えめで美味しい。

妻はパンナコッタ。これも美味。

実は、先週もここへ食べに来ていて、外のテラスに陣取ったのですが寒風が吹き荒れて早々に引き上げていたのでした。その日の料理も一部紹介すると、チキンのカボチャソースがけとポテト。スペインの典型的な昼の定食の一品。

妻のほうはボケロネスというイワシのような青魚を焼いてビネガーソースをかけたもの。

そして最後はコーヒー。これで12ユーロくらいの昼食です。

子供が小さかったこともあって四年前の滞在ではほとんど外食もできずスペイン料理を知ることができなかったのですが、今回は子供も大きくなって一人で登下校できるので、月に二日ほどは子供に昼食を用意して夫婦で出かけ、メニュー・デル・ディアというお昼の定食の食べ歩きを楽しんでいます。おかげで店で売られている野菜などの調理方法もわかって、自宅での食事のレパートリーも増え、日本食が恋しくなることもほとんどありません。なんといったって、スペインは肉も野菜も果物も新鮮で豊富ですから。

ビーチの様子。気温はまだ30度を下回っていますが、もう完全に夏モード。

工事中のお店のほうは順調に進んでいます。左官仕上げに使う砂が全然手に入らなくて困っていたのですが、そういえば砂が欲しいならビーチに行けばいいんだ!と先日気がつきました。そこでサンプル用に、ビーチの砂を少し、ペットボトルに入れて持ち帰ったのでした。

 

No Responses to “海岸沿いのレストラン@バルセロネータ”

This post has no comments yet.

Leave a Reply